探偵

浮気・不倫・身辺調査・興信所おすすめ

 

 

 

 

 

これは浮気だと断定できる証拠写真といえば、浮気相手と共にホテルに入るシーンなどは、はずせないです。自力で写真を撮れないことはないでしょうが、肝心の画像が上手にとれないことが少なくありません。

 

 

 

裁判や慰謝料請求などで使えるレベルの写真を入手したいのだったら、探偵業者を利用する方が良いのではないでしょうか。
探偵社に入ってくる事案でもっとも多いのは身辺調査だと思います。
基本は浮気ですね。

 

 

なんとなく行動が怪しいから、浮気しているかどうかだけでも知りたいというものや、離婚や離婚裁判で使える証拠をかためてくれというものまで、幅広い調査に応じています。

 

不倫相手から慰謝料をとるつもりなら、はっきりとした裏付けをとるためにも探偵に依頼するのが賢い選択でしょう。近頃ではスマホが元で配偶者に浮気がバレてしまったというケースも増えてきました。
パソコンのメールや携帯電話の着歴に代わり、現在はスマホのラインなどのSNSやメールに不貞行為の一部始終が残されていると考えられます。いつも手元においていたり、ロックして見せてくれない時は、不倫の証拠はスマホの中にあると思われます。

 

 

 

警戒心もあるため一筋縄ではいかないでしょう。

 

配偶者の不倫を疑い、探偵を雇って調査するというドラマやマンガって、しばしば見かけたりします。ときには「素人探偵」が活躍したりもして、わざわざお金を出して頼むまでもない気がしますよね。

 

 

しかし、たとえば警戒している調査相手にわからないように尾行し、写真などの証拠を得るのは、経験が物を言う仕事です。

 

調査したい相手に露見するのは不利以外の何物でもありませんし、最初から探偵に任せたほうが、依頼者にとっても安全です。

 

 

パートナーの浮気に気づいたら、一人で悩むより、早めに証拠を入手すべきです。

 

 

浮気の証拠としてもっとも有効性が高いのは、「誰が見てもわかる」写真などでしょう。浮気現場にシロウトが踏み込んだり、裁判や慰謝料の要求に役立つような裏付け資料を得るのは相手に発覚するおそれもありますから、探偵業者に依頼することも検討するといいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は大手探偵社の調査員をしていますが、一番多いのは浮気の調査ですね。

 

もちろん、その証拠を集めるには調査に慣熟したプロであることのほかに、勘や要領の良さも要すると思います。それに、思いがけない展開でも、すぐ判断してベストな選択をしなければいけないので、気は抜けません。

 

 

 

対象となる人物に調査案件が知れてしまえば多少疑われるだけでも依頼者にご迷惑を及ぼしかねないと思うため、徹底的に注意を重ねるのは常識です。対象者になった経験のある人の追跡は、さらに注意が必要です。ハイテクが日常生活に浸透している現代では、GPSの衛星測位システムを使って浮気をかなりの精度で見つけることが可能になってきました。気になる相手にGPS機能搭載のスマホを持たせることができれば、誰でも簡単に、ほぼリアルタイムで位置情報がわかるのです。非合法な方法ではありませんし、自力でパートナーの浮気を見つけようと思ったら、便利です。

 

 

 

ただ、位置情報だけでは証拠にはならないのでご注意ください。

 

もし配偶者の浮気を見つけてしまっても、騒ぎ立てず、取り敢えずマズイ対応をしてしまわないためにも、心を落ち着けるようにしてください。浮気した相手を再び受け入れることができないのであれば、離婚とか、そうなると慰謝料の請求だのも考慮していかなければなりません。一人で考えても埒が明かないので、二人で会って、お互いにどんな問題があり、これからどうすべきか話し合うと良いでしょう。探偵を使い慣れている人っていませんよね。配偶者の浮気で、使ったこともない探偵社の中から調査を依頼する先を選ばなければいけない場合、価格の安いところに目がいきがちです。しかし安さの根拠も定かでない会社は安易に契約を結ぶべきではありません。
価格なりの低レベルな調査に終わる例もあるわけですし、契約する前に、常識的な程度の安値なのか、信頼できる業者なのかは、しっかり確認しておきましょう。

 

行動がおかしいとか、配偶者に不倫の疑いがあるときは、証拠を探したほうがいいでしょう。
その際、証拠となるものは、「誰が見てもわかる」写真などでしょう。自分や知り合いを使って浮気現場をとらえたり、裁判や慰謝料の要求に役立つような裏付け資料を得るのは相手に発覚するおそれもありますから、代わりに探偵社に依頼することも検討すべきです。探偵に調査を依頼するなら、あとで後悔しないよう、地域性を尊重するのは良いことです。

 

 

たとえば探索相手の家や勤務地と同じ地域にある探偵に限って探してみると良いでしょう。土地勘がある調査員がいるほうが調査を進めやすく、高精度な報告ができるでしょう。

 

 

それと、依頼内容次第では不得意なこともありますし、逆もまたあります。あらかじめホームページとか電話で問い合わせてみるのをおすすめします。

 

 

 

配偶者のいる人が不倫してしまった際、もしばれれば、相手から慰謝料を要求されることもあるでしょう。
不倫行為の証拠があれば、やっていた方は明らかに分が悪いです。請求額は概ね、500万位のこともあれば、100万にも満たない金額など、かなりの違いがあります。払える見込みが立たないときは、現実的な支払額になるよう相談するのも良いでしょう。

 

浮気していたことがわかり、裁判所に離婚の申し立てを行う際は、浮気の証拠が不可欠です。

 

 

 

どのようなものでも証拠になるというわけではなく、客観的に見て肉体的な交渉があることが判断できる手紙やメール、配偶者とその相手がホテルから出てくる写真や、変わった例では不倫相手と交わした誓約書などがあります。近頃ではスマホの普及でメールだけでなく、ライントークやSNSのやりとりなどが不倫行為の裏付けとして認められるケースがあります。4歳の娘と7歳の息子がいるアラサー主婦です。夫は7つ年上で社宅住まいです。

 

夫の浮気が判明するまでは普通の家族でした。しかし先週、家族会議の結果、離婚ということで合意しました。幼い子どもたちは、これからシングルマザーの私が養育していく責任があります。

 

 

私の怒りや戸惑いは後回しにして、弁護士(裁判ではないですよ)を介し、浮気相手への慰謝料の請求と、夫への慰謝料および養育費の請求だけは行い、最終的に公正証書に仕立ててもらったのです。主人に浮気されたくないので、私はいつも注意していることがあります。それは、むこうの言い分や趣味などすべてを受け入れることです。

 

 

 

私なりにわがままを言ったりすることはありますが、相手の気持ちを傷つけたり言い合いになるようなことは言いません。
それに、相手の収入や仕事をおとしめるような発言も慎むようにしています。男の人のプライドを大事にして、服装や美容にも気配りを忘れずに、いわゆる女子力を常にブラッシュアップしておけば、心が離れることもなく、浮気もないと思っているんです。
尾行で探偵必携の道具というと、かつては無線発信機を使用していたのですが、少し前から衛星を使ったGPSを活用する探偵社が増え、旧発信機の時代に比べると調査対象の追跡性能がアップしました。いまどきのGPSの精度はとても高く、よほど電波の届きにくいところでなければ追尾対象の場所の把握は簡単にできるようになっています。
そんなGPSを設置できれば、調査の精度はさらにあがります。

 

 

よく不毛だと言われる不倫ですが、結末も様々です。

 

不貞行為を責められた挙句、家族がばらばらになったり、多額の養育費や慰謝料の請求に青息吐息なんてことも考えなければなりません。表面上なにもなかったように過ごす夫婦もいれば、不倫から結婚に至ることだってあります。
どういうルートを辿ろうと、不倫では失うもののほうが多く、幸せな結末なんてあるわけがないのです。全部がそうというわけではありませんが、探偵社では相談の段階までは代金をもらわない(タダ)というケースもあるようです。右も左も分からないまま依頼してしまう前に積極的に受けておいて損はないでしょう。その会社の対応状況などを判断する指標になるからです。先入観をもたずに話を聞いてくれるはずですし、相談していくうちに、それまで複雑でどうしようもなかった心配事を整理できるのは、大きな進捗ではないでしょうか。

 

探偵に不倫調査をしてもらったあとで、オプション料金が発生することがあります。ただ、普通は契約書に、オプション発生時の条件が明記されていると思います。ですから、それをチェックすることは、トラブル防止に役立ちます。

 

疑問に思ったり心配なことがあれば、依頼前に質問して、解消しておくのも大事だと思います。

 

以前は安値を掲げる興信所はヤバイと思われがちでした。手抜きをしたってお客にはわからないからです。とはいえ現在は、ウェブを見れば調査内容の信頼度や請求などについてもユーザーレビューなどである程度判断がつくのです。値段の安さだけに釣られると失敗しがちですが、高額なのにそれに見合っていない業者をわざわざ使うような無駄も避けたいものです。実力と料金のつり合いがとれた会社であれば、あとで後悔することもないでしょう。
一般に探偵の調査料というのは幅があると言われていますが、中にはとんでもない金額を請求する会社もあるようです。

 

 

 

高い料金に見合ったハイレベルの調査が行われているのかは、確実にそうだとは言えません。せっかく時間とお金を費やしておきながら、浮気の証拠はありませんでしたなどということにならないために、費用の相場を、契約を交わす前に調べておくべきです。

 

困ったことにダンナの浮気は、ほとんど病気なみに身についたもののようです。
独身時代からいままで、幾度となく繰り返してきたようで、相手もたくさんいるし、私の知り合いもいました。終わったものまで糾弾する気は既にありません。浮気癖は直らないって言いますよね。
妻もいるのに、無責任にも程があると思いませんか。

 

一時的に反省しても、人生の時間を彼に費やす自信もまったくないですし、別居とかいうのでなく、即離婚でしょうね。
一般に知られている通り、同窓会での再会は、浮気のきっかけになるケースが多いことが知られています。以前ときめいた相手と距離が近づいたり、級友同士ということで異性であることをあまり意識しないため、居心地の良さや癒しを感じる人が多いそうです。同窓会出席を契機に、配偶者が不審な行動をするようになったら、浮気を疑ったほうがいいでしょう。

 

不倫をやめた原因として一番多いのは、当然かもしれませんが、「ばれてしまったから」です。そうはいっても素人にとって、不倫の動かぬ証拠を掴むことは難しく、気分的にも良いものではありません。
どうしたって探偵事務所や興信所等に浮気調査を任せるほうが失敗もなく、気苦労も少なくてすむでしょう。

 

 

そのかわり、浮気の匂いを察知するあたりまでは、一番近いところにいる人でなければできないことです。

 

 

探偵業者に浮気の調査を依頼するときでも、個人情報をできるかぎり知られたくないというのは人として正しい反応だと思います。

 

 

依頼が確定するまでの見積り段階では、個人情報はなくても大丈夫な会社も多いですし、まず聞いてみることが大事です。

 

 

 

でも、仕事として発注する場合は契約や詳細説明は必須ですから、ある程度の個人情報が知られることは不可避です。

 

 

最近不審な電話があるので夫の浮気が気になり、インターネットで調べてみたんですけど、該当サイトがぞろぞろ出てきたのでびっくりしました。

 

 

 

何社か問合せをしていくうちに、もっとも相談員さんの対応が良かった会社に依頼しました。
調査を頼むぐらいだから限りなくグレーなんですけど、証拠を見てしまうと、さすがに落ち込みました。

 

 

 

浮気が判明したら、正当な権利として、慰謝料の請求をするべきです。
ただ、当人たちだけで話し合うと、権利争いや感情面での言い合いになって、結論にたどり着く前に多大な労力を必要とします。
もめ方によっては訴訟になる場合もあるため、手に負えない気がしたら弁護士に相談して、問題のスムーズな進展を目指していくというのも手です。

 

不倫相手の奥さんから、不倫の慰謝料請求が送りつけられてくること事体、ありえないことではありません。

 

 

慰謝料はいくらでもとれるというわけではなく、先方夫妻が結婚を継続するか否かで変わってくるものです。離婚に至っていないにもかかわらず多額の慰謝料を請求してきたときは、いったん話を収めてもらい、まずは弁護士事務所に相談するようにしましょう。

 

たとえ不倫調査という正当な理由があっても、尾行や聞き込みなどの調査によって得た情報を依頼主に提供する探偵の業務は非合法になりはしないかと懸念する人は意外と多いです。

 

ご心配なく。

 

探偵業法を遵守していれば違法ではありません。法律自体は平成19年6月に施行されましたが、それまでは調査業務を取り扱う会社に関する統一の法規制が存在しなかったので、業者の違法行為によるトラブル発生抑止のため制定されたものです。

 

 

もしパートナーの浮気調査で探偵を利用するのであれば、ある程度まとまった資金を要します。

 

 

 

探偵業務にかかる費用は、一例をあげれば、浮気の素行調査などで20万前後(期間5日)はかかると思って間違いないでしょう。

 

時間と日数、依頼内容によって請求額は変動しますので、どのような調査を依頼する際でも50万強で予算どりしておけばとりあえず安心です。興信所や探偵社などを経営する際は、特殊な免許資格は要りません。とはいえ、探偵業法(平成19年6月施行)に基づき、その業務を始める「前日」以前に、所管の警察署を通じて公安委員会に届け出を行い、「探偵業届出証明書」を交付してもらい、認可された会社(個人も可)になることが開業の大前提となります。

 

営業所ごとにあるので、確認させてもらうと良いでしょう。きっぱりと不倫関係を解消させるには、明確な浮気の証拠をつかみ、慰謝料としてある程度の金額を請求するのが驚くほど効果があるそうです。たとえばちょっとしたお遊びとか、本人たちは後先のことまで考えが及んでいないという実態もあります。

 

賠償を求めることで、自分たちがしでかしたことの償いをさせることができるのなら、ぜひやってみるべきです。

 

 

探偵社による浮気の追跡調査には、成功報酬タイプもあることを覚えておくと良いでしょう。

 

浮気の裏付けがとれない限り、お金を払わなくていいなんて、得だと思う人もいるかもしれません。

 

 

しかし、ターゲットの浮気の有無が曖昧(ややシロ)だったり、調査時間数が通常より多くなりそうな気配だと、断るときもあるそうです。

 

 

さらに、これが一番多いケースなのですが、首尾よく証拠を入手できた際は思ってもみなかった額を請求されるケースもあるので注意してください。探偵社に入ってくる事案でもっとも多いのは身辺調査だと思います。

 

 

基本は浮気ですね。

 

 

挙動不審なところがあるので、とりあえず不倫の有無だけ知りたいという依頼から、離婚や離婚裁判で使える証拠をかためてくれというものまで、依頼者のニーズに合わせた調査をしてくれます。

 

 

とりわけ、不倫相手に慰謝料を求める場合は、確実な裏付けが必要ですから、専門のノウハウがある探偵を頼むのが一番だと思います。興信所や探偵は中堅や小規模もいれるとかなりの数があり、探すのに迷ったら、人気や評価を参考にしてみてください。少し手間でもネットを使えば、そこを利用した人のクチコミ評価などを見ることができます。

 

 

地域性もある仕事ですから、地元近辺で満足度の高いところを選んで、相談や事前見積りをしてもらえれば、他より質の高い仕事をしてくれて、不倫の証拠を押さえてくれることでしょう。